深夜に始める場合の注意事項

以前から、出会いを求めるなら、
平日の昼間のテレホンクラブが役に立つ!
と声を大にして言っている私ですが、
じつは夜中のテレホンクラブにこそ、
テレクラの面白さはあると考えます。

これって実は相反する話ではないのです。
というのも、深夜のテレクラより平日の午前中の方が
会える恐れは高いことは確実です。ところが、、夜更けのツーショットダイヤルは、変態率が高く、楽しさでいうと、深夜が上を行くという話なのです。

それこそ、3Pをお願いしてくるカップルだったり、
オナニーを見て欲しいとお願いしてくる派遣社員だったり・・・
危ないヤツのデパート状態なのです。

ところが、そんな深夜のテレフォンクラブで、
気をつけておかないといけないCALLがあります。
それは、一方的に相談しまくるテレフォンクラブ中毒女のTELです。

このタイプの問題は、2つあります。
まず、話がクソつまらないということ。
テレフォンクラブのやり方は自由だと思います。
しかしながら、待ち合わせをするか、そうでなければ話して面白いと感じなければ、
男性ユーザーはやっている意味がありません。
なのに、延々と答えの出ない相談をしてくるのです。

もう1つは、トークをストップしない点です。
男性会員はお金を出してポイントを買っていることを考えていないのか、
自分の話したいことを長い時間話すのです。
話が終了した時の疲労感といったら、無いです。

このタイプの女性に当たったら、
余計なことは考えずにフロントバックしましょう。
この判断を誤ると、ただでさえ大事な夜中のTELなのに、
ダラダラと時間を浪費されてしまいます。

というのも、テレホンクラブは何度でも女子とCALLが出来るのだから、
1人の女性に拘る意味はないのです。
あくまでレクレーションなのだから、
辛い思いをして会うモノではありません。

テレフォンクラブでは、こういったイタい子系以外にもテレホンレディーやすっぽかしといった心労がありますが、
ノリノリで話せない相手は、即コールバックという心の持ち方にしていれば、
その度にイライラしないで良くなります。

ということで、若干テレホンクラブ論に話は脱線しましたが、
痛いヤツとは関わらないようにして、テレフォンクラブを楽しんでください。

以上、これからのテレクラ生活を謳歌してください

– オススメ –

http://me-name-tiger.com/

サブコンテンツ

このページの先頭へ