大マジメに待ち合わせをしない

アナタはツーショットダイアルに
どんなことを求めていますか?
お付き合いですか?
それなら、少し厳しいかもしれません。
テレクラは、普通遊び目当ての方
8割方だからです。

いっぽう、遊び目的と決め打ちして
ツーショットダイヤルに向かえば、
予想外に簡単にアポがとれるような気がします。
その上、割りきってしまえば、
普段は言わないようなイタイフレーズでも、
苦もなく言えてしまうモノです。

ちょっとでも本当の自分が出ると、
妙なプライドが行動を妨げたり、
逆に特攻精神になって、
何も作戦を立てないで
テレホンクラブに臨んでしまったりします。

もし、一度限りのエッチに割り切れるなら、
今回の記事はためになります。

アポの戦い方

テレクラの目的を
エッチとすると、
最も回避したいのは、
アポにおけるロスです。
言い換えれば、
すっぽかしの被害を最小限に抑えることです。

というのも、条件として
普通の会社員は
使える時間が限られています。
そのような前提にも関わらず、
ツーショットダイヤルのすっぽかしは付き物。
ぶっちゃけて言って、すっぽかしはムカつきますが、
イライラしても仕方がありません。
実際に起こることですから・・・。

なので、その対策として、
アポイントを能率化すべきですからす。

最良の方法は、
時間をズラして一緒のエリアに
アポをとることですが、
相手の都合もあるので、
同じ場所にできない場合もあります。

そういう場合は、
一番近い場所を
一番はじめの時間に設定して、
うまくいかない場合、
どんどん遠くなっていくのが良いでしょう。
こうすることで、
ムダが少なくて済みます。

冒頭のアポイントで成功したら、
残りの人はどうなる?
そんなことは考えなくて良いのです。
お相手だってツーショットダイヤルだから、
そういうことがあることは分かっています。
このように割り切ることが、
成功率を高めます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ