ツーショットダイヤルの待ち合わせはドコが理想的?

ルックスチェックからのすっぽかしを防ぐために、テレクラのアポは室内にするのが基本的なやり口です。

約束する場所を外から見えない場所にすれば失敗することはありませんが、それでもどのような服装か聞いておきましょう。そうすれば、スマートに声を掛けられ、イイ雰囲気に持っていくことが出来るでしょう。

心がけたいのは、待ち合わせのためにどんなルックスか聞いているのに、見た目を判断するために質問しているように勘違いされることです。バカバカしいことでケンカをしても仕方ないので、声をかけるためだと強調しましょう。

やったらあかん待ち合わせ場所

約束する場所で役に立たないのは、混雑する待ち合わせ場所です。分かりやすさから、ポピュラーな待ち合わせスポットを決定しがちですが、そういった場所は、他にも人がいて、相手の子を見つけられない場合があります。

理想的なのは、お客さんがあまりいない喫茶店です。というのも、お客が少なくても屋外だと、アナタの顔だけチェックして、ドタキャンなんてことも無いとは言えません。警戒しましょう。

また、CVSもあまり良い待ち合わせではありません。指定したCVSの向かい側にもコンビニが建っている場合さえあります。そんな理由でいままでの苦労が無駄になったら、切腹モノですよね?

待ち合わせの先をイメージしよう

これは大事です。
アポは最終地点ではありません。
わたしのパターンであれば、目的はエッチをすることです。

ですので、会った後にデートコースを描けるようなよく知っている所を選択するにしましょう。食事をするお店からラブホまで10分以上かかったら、それだけでエッチの可能性はなくなるくらいに考えておきましょう。

以上、待ち合わせスポットについての考察を述べました。アナタのテレクラ活動のプラスになれば幸いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ