ドタキャンの可能性

テレフォンクラブ経験10年以上のプロの自分ですが、実を言うと1度だけ3ヶ月以上関わらなかった時期があります。

その発端は、4回連続してスッポカシ被害にあったからです。この時はさすがにがっかりして、軽い女子不信になりました。

ドタキャンに合うと、ワクワク感が大きい時ほど、孤独感は大きく、まさにヤリ場のない怒りに襲われます。
そんなすっぽかしにここ数年、変化が現れてきたので、今回は、ドタキャンの昨今を報告致します。

わたしがテレクラで5連続即Hを達成した
ツーショットダイアルが最もヤバかった時代、
スッポカシも激ヤバでしたWWW
それこそ、待ち合わせの2回に1回くらいの可能性ですっぽかしをかまされました。

その可能性が、ここ数年明らかに下降したのです。
正しいデータではありませんが、おおよそ1割くらいに下落しているように思えます。

その要因を私なりに考えたところ、
2つの原因が想定できました。
1つは、いたずらの原因だったJKが
フェイスブックなどに向かったこと。
彼女達は、新しいコミュニケーションツールでイタズラをしていることでしょうWWW

もう1つは、テレフォンレディの減少です。
どういう秘密か分かりませんが、
近頃テレホンレディは大幅に少なくなったように思えます。
もしかしたら、全くいなくなったか、
ありえないくらいにテクニックが向上したのか?
どちらにしても、良い風潮です(・∀・)

ということで、会員にとっては、
より楽しめる状況が整ってきたと言えます。
もし、アナタが昔にスッポカシでイヤな思いをして
引退していった人であったなら、
もう一度ツーショットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

快適なコミュニケーションツールとして、
アナタの強い武器になるかもしれません。

– オススメ –

茨城のテレクラ電話番号の関連情報
ウハウハ出来るテレクラの激アツ帯のコツはこのHPです!!!

サブコンテンツ

このページの先頭へ