深夜ツーショットダイヤルの変態達

夜更けにしかない電話で用心したい場合があるので紹介します。
深夜帯は、なかなか変わった女子がテレフォンクラブに電話をかけて来ます。
スワッピングの提案だったり、
顔射をして欲しい派遣社員だったり、
SMのパートナーを探す電話など…etc。
この辺は、むしろ楽しめそうなので、嬉しいですが、
気をつけておかないといけない電話があります。

それは、身の上相談をしてくるツーショットダイヤル中毒女のTELです。

このタイプの問題は、2つあります。
まず、話がクソつまらないということ。
ツーショットの遊び方は自由だと思います。
だけど、約束をするか、そうでなければ話して楽しいと感じなければ、
男性会員はやっている意味がありません。
にもかかわらず、ずっと答えの出ない相談をしてくるのです。

もう1つは、話をストップしない点です。
男性ユーザーはお金を払ってポイントを入手していることを分かっていないのか、
自分のお喋りをしたいことをずっと話すのです。
会話が終わった時の疲労感といったら、無いです。

このタイプの女性に当たったら、
無用なことは考えずにCBしましょう。
この判定を誤ると、ただでさえ大切な夜中のコールなのに、
無駄に時間を浪費されてしまいます。

深夜帯のテレクラは、
痛いヤツが多く面白い反面、
関わりたくない女子も多いので、
妙なスケベ心を出さず、遠藤のPKのごとく冷静な判断をすることは必要です。
特に深夜は、何度でもTELは繋がるので、
気に入らない相手は、即刻チェンジくらいの心の持ち方で
ちょうど良いかと思われます。

なので、夜中のテレホンクラブの使い方
について、レポートしました。
少々言葉足らずな意見もありますが、
ズル賢い女の子に騙されないための、
ワタシなりの激励だと思って、覚えておいてください。

以上、これからのテレクラ生活を謳歌してください

サブコンテンツ

このページの先頭へ