ツーショットの注意すべき点

ツーショットダイヤルで最重要な所はご存知ですか?
瞬発的に、会話だと思った方は、
まだ稽古が足りないかもしれませんね。

正直言って、テレフォンクラブで1人のおんなの子に
こだわる意味
はありません。
例え、会話でうまくいかなくても、
次のおんなの子で盛り上がれば良いだけです。

では、ミスをすると、本気でダメージを受けるのは
どういった場面でしょう?
それは、待ち合わせです。
もし、アポイントをすっぽかしされたら。。。。

想像したくもありませんが、
実態を無視するわけにはいきません。
何度かに1回はドタキャンをされることはあります。
そして、その時の痛手は、
お話での痛手とは比較になりません。

とりわけ、メンタル面のダメージは大きく、
あたかも自分の意味がないように
思えてしまいます。
そんな事態に遭遇しないためにも、
アポのポイントを抑えておきましょう。

約束をした場所を決定するコツ

キーポイントは、離れた場所から
確認できない所にすることです。
例を挙げると、ホテルの喫茶店などがビンゴです。

何故、こういった所を選択するべきかというと、
テレクラに慣れたおんなの子は、
アポイントの際に、
離れた場所からチェックをします。
ここで、「好みじゃない人」だと見極められて、
すっぽかしをかまされることがあります。

このパターンを防ぐために、
近づかないと確認できないエリアを指定するのです。

これは、ツイてないとヤバい女の人と
顔を合わせる状況になりますが、
ぶっちゃけて言って、ドタキャン状態よりはマシです。
タイプでなければ、
お別れすればイイだけの事です。

抜け目のない方だと、
逆に自分が離れたポイントから観察することを
考えるかも知れませんが、
男女ともそれをやると、
永遠に遊べないので、
男性会員は待ち合わせにいるようにすべきでしょう。

ですから、わざわざ約束まで持ち込んだら、
その機会を活かせるように、
外から確認できない場所
選択するようにしましょう。

– 参考 –

サブコンテンツ

このページの先頭へ