深夜帯のツーショットダイアルでミスった人のために

働いている多くのユーザーは、
人妻が狙い目の10時〜15時くらいにテレクラをしたいと思っても、
なかなかヒマがないのが現状ではないでしょうか?

そして、土曜日にビールで空けてから、
『誰かと電話をしたい!』
『ラッキーなら出会いにありつきたい!』
と期待して、ツーショットにTELなんてパターンが多いと思います。

そういう時に限って、お喋りになり、
気がついたら通話ポイントは限界。
待ち合わせはしたいけど、動く気力も無い。
「連絡先教えてくれないかな?」
「イキナリは嫌? オレもそう。ハハハ」
そんな態度でわたしの連絡先だけ教えて、眠りにつく。
結局、その女の子からは連絡は来ない…。

このようなツーショット体験談をお持ちの真の友人のために、
今回は深夜のテレフォンクラブを成功させる方法をレポートします。

ゴールを決定してみる

テレホンクラブは大人のレジャーですから、
どんな使い方をしても結構です。
普通にトークを楽しむのもよし、
テレフォンSEXに勤しむのもよし、と言えます。
しかし、アポイントを目指すのであれば、
夜中のツーショットは、ゴールを決めてみると良いでしょう。

例を挙げるとゴールを1時にいけふくろう前で約束と設定すると、自ずから話のロードマップやTELの締め時間が見えてきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ