テレクラのスッポカシをさせない方法

私のテレフォンクラブ経験談の1つで、待ち合わせ場所に同じ見た目の女の子2人が立っていたという話しがあります。

その時は、メガネの有り無しと着ている服の色みだけを聞いてアポイントをしていました。 いま思えば、そうとうゆるい約束の仕方でしたが、当時は盛り上がってしまって、そこまで冷静になれなかったですね(´・ω・`)

それから、ぐずぐずしていたら、1人の女の子がいなくなったので、別の女の子に声をかけました。 すると、「何の話?」という反応。。。 そうなんです。いなくなった女子が目当ての女の子だったのです。

同じ失敗をしないように、ルックスの確認は、最悪でも3つ以上は特徴を聞いておくようにしましょう。
もちろん、しつこく見た目を聞きすぎて、お相手を反感を買っても意味が無いので、
そのチューニングは上手に調節してくださいね。

失敗する待ち合わせ場所

待ち合わせで役に立たないのは、混雑する待ち合わせ場所です。決めやすさから、有名な待ち合わせスポットを設定しがちですが、そういった所は、他にも人がいて、オンナの子を見つけられない場合があります。

オススメなのは、利用者が少ない店内です。というのも、お客さんが少なくても外だと、アナタの顔だけチェックして、すっぽかしなんてことも無いとは言えません。注意しましょう。

また、CVSもあまり良い待ち合わせ場所ではありません。待ち合わせたしたCVSの向かい側にもコンビニが建っているパターンさえあります。そんな要因でいままでの苦労が台なしになったら、泣くに泣けませんよね?

待ち合わせ後が勝負

これは大事です。
待ち合わせは最終地点ではありません。
わたしのパターンであれば、最終目標はセックスをすることです。

だから、会った後にデートコースを描けるような遊び慣れた場所を指定するにしましょう。食事をするお店からラブホまで20分以上かかったら、それだけでセックスの可能性はなくなるくらいに考えておきましょう。

以上、待ち合わせスポットについての考察を述べました。アナタのテレクラライフのプラスになれば幸いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ