夜更けツーショットの珍獣達

深夜帯にしかないCALLで気をつけたいパターンがあるので説明します。
深夜は、かなり変わったおんなの子がテレホンクラブにコールをかけて来ます。
セックスを観てもらうことの提案だったり、
処女を奪って欲しい人妻だったり、
調教するパートナーを探すCALLなど…etc。
この辺は、むしろ楽しめそうなので、うれしいですが、
知っておかないといけないコールがあります。

それは、身の上相談をしてくるツーショットダイヤル中毒女のCALLです。

このDQNタイプは、
「勤務先の同僚のパワハラがサイアク」
「親に結婚しろとうるさく言われている」
などと、どこにでもあるタイプの愚痴ではじまり、
親切心で相槌を打っていると、
その内に私はうつ病だ系の話をし始めます。
そして、延々とダウナー系の話を続けるのです。

もちろん、このタイプは遊ぶことはありません。
ただ話したいだけなので、約束の話には乗ってきません。

ですから、このタイプがいたら、スグにチェンジすれば良いのですが、本気で悩んでいる女性との違いが分かりづらいので、そこを見極めするのが難しいです。

だけど、あえてわたしはこういったコールに当たったら、無用な色気を出さずに、コールバックをすべきだと考えます。

その理由は、テレホンクラブは何度でも女の子とコールが出来るのだから、
1人の女性に固執する必要性はないのです。
あくまで息抜きなのだから、
苦しい思いをして出会うモノではありません。

ツーショットでは、こういった困ったちゃん系以外にもテレホンレディーやスッポカシといった心労がありますが、
ノリノリで話せない相手は、即時CBという気構えにしていれば、
いちいち腹を立てなくて良くなります。

そんなわけで、若干ツーショットダイアル論に話は逸れましたが、
ヤバいヤツとは関わらないようにして、ツーショットダイヤルを楽しんでください。

以上、これからのテレクラライフを楽しんでください

– 参考 –

サブコンテンツ

このページの先頭へ