気をつけたい伝言ダイヤルの使い方

お相手のことをよく理解してから電話をしたい☆
そんな希望を持つ方にちょうどイイのが
伝言ダイヤルです。
伝言ダイヤルは、テレクラの1コーナーで
声を録音して、
文通のようにコミュニケーションをするツールです。

仕組みは、オープンボックスと
プライベートボックスと呼ばれる2個のボックスを利用します。
オープンボックスは、
どんな人でも聞くことが出来るボックスで
ココにプロフィールなどを保存し
女の子へメッセージを発信します。

もう1つのプライベートボックスは
その名の通りプライベートな連絡に利用します。
ようするに、アナタのオープンボックスを聞いた女の子からの返答があると
以来、当事者しか聞けないプライベートボックスで
コミュニケーションを取るのです。
結論をいうと、オープンボックスは発信に使い
プライベートボックスはメッセージ交換に使う
と言うことです。

このボックスをフル活用して
気に入った異性と
心を通わせていきます。
ですから、伝言ダイヤルは、
男女を問わず火遊びよりも
恋愛を楽しむために利用する人が多いそうです。

ダメな伝言メッセージ

何がなんでもやってはいけないのは
オープンボックスに個人情報を録音することです。
番号は当然
本名や職業なども吹き込まない方がベターでしょう。
顔を合わせてから公開するのが1番ですが
どうしてもというケースは、
少なくてもプライベートボックに留めておくべきです。

上記のことを忘れずに
伝言ダイヤルを利用すれば
テレフォンクラブとは違った世界が見えてくることでしょう。

ページトップに
伝言ダイヤルが使える
登録無料ポイント付きのテレフォンクラブ
解説しているので、参照してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ