深夜帯に遊ぶケースの諸注意

夜中のツーショットダイヤルって、
なんだか背徳的なフィーリングがあって、興奮しますね。
特に、テレフォンエッチなんて・・・
ヘケケ、ヨダレが出ましたWWW
しかしながら、楽しんでばかりもいられません。
そんな素敵な電話に紛れて、深夜のツーショットダイヤルには、関わりたくないタイプの女性もTELをかけてきます。

それは、身の上相談をしてくるツーショット中毒女のTELです。
甘い方ほど取り憑かれるリスクが高いので、
ぜひ注意してください。

このDQNタイプは、
「会社の課長のセクハラがひどい」
「彼氏はいるのかとうるさく言われている」
などと、どこにでもあるタイプのグチではじまり、
親切心で話を聞いていると、
その内にワタシは躁うつ病だ系の話をし始めます。
そして、ずっと気が重くなる話を続けるのです。

もちろん、このタイプは待ち合わせをすることはありません。
ただお喋りをしたいだけなので、アポのテーマには乗ってきません。

ですから、このタイプがいたら、即刻女の子を交代すれば良いのですが、本当に困っている女子との違いが分かりづらいので、そこを見極めするのがやっかいです。

ところが、あえて私はこういった電話に当たったら、変なスケベ心を出さずに、コールバックをすべきだと考えます。

深夜帯のテレクラは、
変わり者が多く楽しい反面、
痛い女子も多いので、
妙な欲を出さず、ナイナイ矢部のツッコミのごとく冷静な判定をすることは重要です。
特に夜中は、何度でもTELは繋がるので、
気に入らない相手は、即時変更くらいの向かい方で
ちょうど良いかと思われます。

そんなわけで、夜中のツーショットダイヤルのやり方
について、紹介しました。
少々言葉足らずな意見もありますが、
ズル賢いおんなの子に騙されないための、
自分なりの激励だと思って、記憶していてください。

以上、これからのテレクラ活動を満喫してください

サブコンテンツ

このページの先頭へ