ツーショットダイヤルの待ち合わせで下手を打たないテクニック

テレクラを利用するというと、
何を喋ればイイか?
という要素に注意が向きますが、
意外とアポの場所に意識が向かない方が多いようです。
しかし、約束する場所の決定は、トークと同じくらい重要です。

せっかくノリノリで会話をできたのに、
待ち合わせ場所の決定を失敗して会えなかった…
なんてシャレになりませんよね?

かつては、小型の地図をカバンに入れて、
約束の場所を間違えないようにしていましたが、
スマフォのおかげで、
近頃では待ち合わせ場所が分からない心配はいらなくなりました。

それでも、女性の連絡先を聞かずに待ち合わせをしてしまうと、結果的には見つけられずに、足が痛くなるくらい待ちぼうけするハメになります。

そうなると徒労感しか残りませんね。
そうならないために作戦を立てましょう。

テレクラの嫌いな部分の1つに、相手の子の外見をチェックしてから会うか会わないかを選ぶというモノがあります。

相手の子が希望した見た目とかけ離れているパターンに、会ってから断るのは怖いから、バレない所からチェックして選ぶのです。

フィーリングは分かりますが、それはやってはいけないことだと思うので、わたしはやらないようにしています。決してストライクゾーンが広いからでは無いですよWWW

そんなポリシーを採っているワタシなので、相手にもせめて会ってから判断して欲しいと思っています。
そこで、考えたのがアポイントには、観察出来ない場所をチョイスするということす。

もう少し簡単に言うと、
カフェなどの店内を設定すればイイです。

もちろん、ガラス張りなどではなく、外部からはチェック出来ない待ち合わせ場所にしましょう。
ココまで準備すれば、アポをとったのに会えなかった・・・なんていう切ない結果になりません。

完璧ではないことは重々理解していますが、こういった小さな積み重ねが、テレホンクラブの成功に繋がると信じています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ