遊びの価値

テレフォンクラブは割り切った楽しみである
これは、自分のテレフォンクラブに
臨むスタイルであるし、
事実、女性が希望しているのも、
そういう遊び方だと言えます。

つまりは、約束の先にはエッチがあり、
そこに到達するまでの男女のやり取り
スポーツ的に楽しむモノと言えます。

このように恋愛を捨てることは、
テレホンクラブでうまく行くためのキーポイントと言えます。

ちょっとでも本当の自分が出ると、
変なプライドが行動を抑制したり、
逆に頭が真っ白になって、
何も作戦を立てないで
テレフォンクラブに臨んでしまったりします。

もし、その日限りのエッチに割り切れるなら、
今回はためになります。

アポイントの戦略

ツーショットダイヤルの目的を
セックスとすると、
いちばん逃れたいのは、
待ち合わせにおけるムダです。
もっと言えば、
待ちぼうけの損失をミニマムに抑えることです。

と言うのは、条件として
普通のサラリーマンは
遊ぶ時間が限られています。
そのような前提にも関わらず、
テレクラのすっぽかしは当たり前。
正直言って、待ちぼうけは頭にきますが、
怒っても仕方がありません。
実際に起こることですから。。。。

なので、その対策として、
アポイントを効率化すべきですからす。

バックレリスクを出来るだけ少なくするアポは、
複数の待ち合わせを決めてから
待ち合わせに向かうことです。

5人くらい約束ができたら
1番ですが、
人数にこだわって、
はじめの相手とのアポを
遅らせても良くないです。

テレクラでは、
手っ取り早く遊べる人を求めるので、
電話を終えてから
何時間も先の約束は
すべきではありません。
人数はあくまでものさしなので、
フレキシブルに対応しましょう。

もし、最初の相手で
イイ感じになったら、
残りのアポが
ムダになると考える
かもしれませんが、
そこは割り切って
目の前にいる相手に
全力投球しましょう。

– 参考 –

24時間 テレクラ
即マン出来る☆ 言ってはいけないテレクラの遊び方 (´゚д゚`)
サブコンテンツ

このページの先頭へ