ツーショットダイアルで待ち合わせをしたパターンに、スッポカシをかまされないために

ツーショットダイヤルネタ話の1つにすっぽかしがあります。
約束をしたのに、待ち合わせをぶっちして来ないことを指します。
これがあると、かなり凹みますよね?
そんな被害に遭わないためにも、
ドタキャンのスタイルを会得しましょう。

腹いせのケース

ツーショットダイアルで出会った女子に聞くと、
男性ユーザーから罵声をぶつけられることが
けっこう沢山あるそうです。
そこで、恨みを返す意味で、
他の利用者にすっぽかしをすることがあるのです。
とばっちりもイイところですね(;ω;)
ほとんどトークが盛り上がっていないのに、
おんなの子からアポイントを持ちかけられたパターンは、用心した方がイイでしょう。

断りきれなかったケース

男性が乱暴にアポを決めたせいで、
気まずさから女の子が断りきれなかったケースもあります。

単刀直入に言うと、これは利用者側にも問題があるので、
すっぽかしをされても、
何となく納得できてしまいます。
ただ、声が可愛かった場合は、ちょっとしょげますww
そんな時は、芸人の白鳥さんだったと思うようにしてやり過ごしています。

他にイイ男が見つかった事例

当たり前の話ですが、約束をした女子が、
アナタよりももっとトークが魅力的な男性会員と
会話してしまったら・・・。
女子はズル賢い!と思うかもしれませんが、
アナタも同じ立場なら魅力的な方を選びますよね?
そういう時代です・・・(TдT)

これらに付け加えて、
以前はテレレがアポをチラつかせて、
出来るだけ話を引き伸ばして知らんぷりという例もありましたが、
現在はそういった例は無くなったようです。

ワタシは待ち合わせスポットが遠いケースにのみ、
通話確認を取らないと待ち合わせをしないといった対策をとっています。
お相手をコントロール出来ない以上、
失敗しないドタキャン対策は無いのでトークの雰囲気など、
第六感を利かせて融通をきかせて対処するのが良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ