忘れないでおきたい伝言の遊び方

女性のことをよく知ってから会話をしたい☆
そんな希望を持つ方に最適なのが
伝言です。
伝言ダイヤルは、テレクラの1コーナーで
声を録音して、
文通のようにメッセージ交換をするサービスです。

システムは、オープンボックスと
プライベートボックスと呼ばれる2つのボックスを利用します。
オープンボックスは、
利用者なら聞くことが出来るボックスで
ココに自己紹介などを吹き込み
女子へメッセージを公開します。

プライベートボックスは、
オープンボックスの伝言を
聞いたおんなの子からの伝言を受け取り
やり取りをするために使います。
その名の通り、個人的なやり取りをするためモノです。

前は、そのボックスに伝言が来ていないか
1日に何回もチェックをしに行ったモノですが
今日では、メッセージが届いたら
メールで携帯に報告してくれる機能があります。

このような仕組みを利用して
女子とコミュニケーションを取るのが伝言ダイヤルです。
最初から電話で話すのが心配だったり
自分の人柄を分かってもらったうえで
出会いたい方には、オススメのコーナーです。

注意したいこと

全てのツーショットダイヤルがしっかりしていれば
大丈夫なのですが、
無条件にそうとは限りません。
オープンメッセージを入れたら
テレフォンレディ見え見えの伝言だらけ
ということもありえます。
そうならないためにも、テレクラの会社選びには気を使いましょう。

実際には、PRで有名人を
起用できないレベルの運営者は回避しましょう。
タレントを採用しているのが、
安全な運営者の証になるわけではありませんが
それさえ出来ないツーショットは、
女性集客まで余裕が無いのは、簡単に思いつきます。

ですので、最低水準として、
広告などにタレントを採用している運営者を選びましょう。

そんなわけで、伝言ダイヤルの
ベーシックな事項を紹介しました。
これまでツーショットダイヤルしか
使ってこなかった人は
1回トライしてみると、
これまで顔を合わせなかったタイプのおんなの子
会えるかも知れませんよL(´▽`L )

もっとよりディープな話は、
テレクラ研究所で探すと良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ