ツーショットダイヤルの話し方の攻略法

私がテレクラを始めた当初は、どういう話題をとっかかりに話が盛り上がるのか悩みました。会ったこともないのに、楽しい会話なんて思いつかないですよね?

そんな中でも、何か話さないといけないと考えて、バレバレの嘘をついてみたり、ニュースの解説をしたり、たくさん実験しました。 もちろん、結果は負けっぱなしでした。

そんなジブンがアポの確率6割を上回るまでになった会話術をお伝えしようと思います。

私はテレホンクラブでほとんどアポをとることが出来ます。じぶんはお笑い芸人でしょうか?それとも、とてつもない喉を持つ人物でしょうか?想像してみてください。

いずれも一致しません。どこにでもいる男です。ぶっちゃけ私は相手の子をまったく笑わせていないのです。

つまり、爆笑させる会話をしなくてもツーショットでは約束をできるのです。 この発想の転換は大切です。

ツーショットダイヤルは、女性市場ではありません。立ち位置はイーブンなのです。従いまして、オンナの子に爆笑させる会話をする意味は無いのです。

そうすると,最優先事項は定まってきます。大事なことは,お相手がどういった狙いでコールをしてきたのか?それを聞き出すことなのです。

同じ理由であれば、あとは妥協点を見つけるだけです。ここまでくれば、テレクラに慣れていない人でもたくさん会話をすれば、弾はあたると言えます。

この手法を実践すれば、目的に合わない場合も出てきます。それらの場合を考えて、ツーショットダイヤルにはFBというシステムがあります。

これは、コールセンターにコールを戻すことで、利用者はほかのオンナの子と話せ、お相手もまだ話していない男性と話すことが出来るようになるシステムです。 元来、かくの如き仕組みがあるくらいなので、オンナの子を交代することに申し訳ないと思う必要はないのです。

要点は、ツーショットダイヤルのトークは相手を爆笑させる理由はない。何であれお相手の目的を聞き出すことが最低条件である、ということです。 会話に頭を抱えている方は,この基本を実行すれば、ワンランク上のツーショットを味わえることでしょう。

– 参考 –

富山のテレクラ・ツーショット電話番号
テレクラのプロがガイドする即効性のあるテクニック (^^)
サブコンテンツ

このページの先頭へ