テレフォンクラブのトークのきっかけ

ワタシがテレフォンクラブを始めた当初は、どんなことをきっかけに話せば成功するのか苦しみました。会ってもいないのに、話すことなんて分からないですよね?

そんな中でも、絶対に心を掴んでやろうと思って、一発ギャグを言ったり、仕事の話をしたり、たくさん実験しました。 無論、結果は惨敗でした。

そんなワタシがアポの確率6割を超えるまでになった話法を解説しようと思います。

私はテレフォンクラブでほとんどアポをすることが出来ます。じぶんはお笑い芸人でしょうか?あるいは、中尾彬ばりのセクシーボイスの持ち主でしょうか?イメージしてみてください。

どっちも一致しません。ありきたりな男です。タネを明かすと私はオンナの子をまるきり笑わせていないのです。

要するに、ウケるトークをしなくてもツーショットでは待ち合わせできるのです。 この発想の逆転は大切です。

ツーショットダイアルは、女性が男性をオーディションする場ではありません。情況は同一なのです。であるからして、相手の子に面白いトークをする必要はないのです。

そうしてみると,話題は決まってきます。大事なことは,通話相手がどんな狙いでテレクラに電話したのか?それを分かることなのです。

同じ動機であれば、後は妥協点を見つけるだけです。そこまで進めば、テレクラに慣れていない人でも何度かやれば、弾はあたると言えます。

仮に、希望と沿ぐわないケースは,スマートに断りを入れてコールバックしましょう。この方法が,確実で効率の良い方法です。

相手が少ない日などは,なりふり構わず,ヒマつぶしのオンナの子を夢中で話しがちですが,ぶっちゃけて言って時間の無駄です。

かつてのように入室時間で精算される料金であれば,それも致し方ないやり方ですが,いまは,通話時間に応じて課金される形式なので、博打を打つ意味はありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ