テレホンクラブの話し方で気をつけること

テレクラにどうにも踏み出せないひとにワケを伺うと、どんなことを話したらイイか思いつかないという内容が多数派のようです。 たしかにテレクラで会話したことがなければ、どういう話題をつかみにすれば良いか思いつかないですね。

そんな状態でも、ツーショットダイヤルに果敢にトライしたものの話がスベったり、いきなり電話を切られて自信をなくすなんてことだってあります。まぁ、最初からうまくいく人なんてなかなかいないものです。

何はさておき、せっかくこのページをチェックしてくれているのだから、話し方のコツを解説しましょう。

テレフォンクラブのネタで頭を抱えているユーザーは、もしかしたら面白い会話に固執しているのかもしれません。

当たり前の話ですがですが、テレクラとは、貴男が芸人になって、通話相手を笑わせるモノではありません。 ひと言で言えば、テレホンクラブは出会いのサービスなのです。

だから、女性を楽しませる義務など無いのです。エッチをしたくて電話をかけてきているオンナの子もいるのですから。 情況は同じなのです。

つまりは重要な点は、オンナの子がコールをしてきた動機を理解することなのです。 自分と同じ目的を持ってコールをしている相手の子なら、爆笑させる話をしなくてもすんなりと物事は進みます。

ようするに、貴方が最優先することは、女性がテレクラにコールをしてきた理由を伺うことなのです。

この手法を行えば、希望に合わない場合も出てきます。そんな場合を想定して、ツーショットダイヤルにはフロントバックというシステムがあります。

これは、受付にコールを戻すことで、男性はまだ話していないオンナの子と話せ、お相手もほかの男性と会話することが可能になるシステムです。 元来、このような仕組みがあるくらいなので、女性を変えることに躊躇する必要はないのです。

要点は、ツーショットダイヤルの会話は相手を笑わせる価値はない。何であれ相手の目的を聞き出すことが最低条件である、ということです。 ネタに困っている利用者は,この原則を記憶しておけば、一歩上を行くテレホンクラブを味わえることでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ