ツーショットダイヤル視覚化メソッド

テレホンクラブは、ルックスを見て会話することは出来ません。これは良い点でもあるし、短所でもあります。

距離を縮めることにフォーカスをあてると、声だけであることはデメリットと言えます。 どんな外見であれ、実際に表情を見て電話するほうが信頼感が増すことは確実です。

なので、どうやってイメージ化しやすい自己紹介をするかということはテレクラにおいて、かなり大切になります。

イメージ化するテクニックはややこしいモノではありません。あなたを有名人の誰に似ているのは例えればイイだけです。

文字や音声と異なり、ビジュアルの情報量は比べ物にならないくらい多いです。ですので、どれだけテキストで説明するよりも、簡単に誰系なのか言うだけで、お相手は想像が湧きます。

言うまでもなく、この場合は正直に似ている芸能人を挙げる必要はありません。ファンタジーを与えるような芸能人をあげるのがベストでしょう。

注意しないといけない点が、2つあります。ひとつは、ジェネレーションギャップ。10歳年の離れた相手とお話をすることだってありえます。自分自身が有名と思っていても、相手が知らない場合もあります。 そうならないように、最近流行している有名タレントを挙げるようにしましょう。

もう1つは、アポをしたいがために、自分とあまりにも違っている芸能人を挙げてしまうケースです。 これだと、例えアポイントに結びついても、失望からその先に繋がらない恐れが高くなるので、いくらか方向性が近い人物にしましょう。

– 参考 –

サブコンテンツ

このページの先頭へ