ツーショットにおけるトークのコツ:ビジュアル化

今回はツーショットダイヤルの会話術というモノを紹介します。
人は見た目が9割の法則を分かりますか?人の第一印象は、ほんの数秒で決まるという法則です。

結局のところ、人間のイメージは7割が見た印象から得られるというモノですが、ツーショットダイヤルでは、視覚情報にあたるものはありません。

従って、どんなふうにイメージ化しやすい自己紹介をするかということが大切です。

視覚化するやり方は複雑なモノではありません。貴方を有名人の誰に似ているのは例えればイイだけです。

文字や声と比較して、ビジュアルの情報量は比較にならないくらい多いです。そこで、どれだけ文章で伝えるよりも、簡単に誰系なのか説明するだけで、相手はイマジネーションが湧きます。

言うまでもなく、このケースはバカ正直に似ているタレントを挙げる意味はありません。夢を与えるような有名人をあげるのがイイでしょう。

注意しないといけない点が、2つあります。ひとつは、世代間格差。10歳年の離れた相手とトークすることだってありえます。自分が有名と思っていても、お相手が知らないケースもあります。 そうならないように、この頃売れている有名タレントを挙げるようにしましょう。

もう1つは、約束をしたいがために、自分とそうとう違っている有名タレントを挙げてしまうケースです。 これだと、例えアポに結びついても、不信感から将来に結びつかない恐れが高くなるので、いくらか雰囲気が近い人物にしましょう。

– オススメ –

テレクラについて
みんながお世話になったセフレ募集熟女ユーザーの出現速報をGET!

サブコンテンツ

このページの先頭へ