テレクラで鉄板の話題

「フランボワジエおごるよ!」
このトークテーマで何度アポに持ち込んだか分かりません(v^ー°)

それくらい美味しい店トークは、
テレフォンクラブにおいて鉄板のネタです。
そこで今回は、より詳細に美味しい店トークを分析したいと思います。

このトークテーマは、性格や仕事などを問わない汎用性が魅力です。
そこで、考えられるメリットを列挙すると・・・

メリット

  • お店が変わらない限り何度でもネタとして使える
  • エンコーに躊躇がある女性でも食事をおごるという軽い負い目を押し付けられる
  • おんなの子に約束のエクスキューズを与えられる

ちょっと長くなりましたが、この辺が思いつきます。

1日に何人もの女性と話していると、ネタは尽きてきます。
そんな時でも、何度でも使えるネタがあると使いやすいですね。

また、飲みをごちそうになったからお礼に・・・
なんて話の展開もあり得ます。
まぁ、そこまでうまく行かなくても、
ゴチってもらうと女の子は喜ぶモノです。

最後の言い訳を与えるというのは、
アポの重要なポイントです。
十中八九おんなの子は綺麗な存在でありたいと思っています。
その感情を汲んで、
自分自身へのエクスキューズを作ってあげると、
待ち合わせの恐れはアップします。

掛かりすぎる

かなりいつでも使えるネタですが、
その効果が問題点になることもあります。

それは、
メシ目当てのおんなの子が網にかかり過ぎるということです。

食事に行けば、時間と金を失います。
お金に関しては、お金がある人であれば、
問題にならないかもしれませんが、
時間をロスするのは、何よりツライところです。

お金は取り戻せても、
時間を取り戻すことは出来ません。
それだから、アポの先の可能性をトークの間に、
チェックしておくなど、対応策をとれると良いでしょう。
例を挙げると、女子にこれまでのテレクラで、
会ってからエッチに至った体験があるか聞くというようなやり方があります。

このように、欠点も含めお伝えしましたが、
俯瞰して見れば、
特長の方が比較にならないくらい大きい話題なので、
要領よく利用して、
素敵なテレクラ活動を送ってください(〃^∇^)

– オススメ –

岩手のテレクラ・ツーショット電話番号

サブコンテンツ

このページの先頭へ