夜更けのテレホンクラブはココを意識する

いつも通り布団に入り、目を閉じる。
でも、何だか寝付きが悪い。
束の間ぼーっとしていると、
無意識にアソコをいじっている自分自身に驚く。
男の人なら、こんな股間が疼く経験は、
何度でも経験していますよね?

そんな時に、エロDVDを見るのもいいけど
ツーショットダイヤルに電話をしてみるのも
アリかと思います(*^-^*)ノ
そんなわけで、
この記事は深夜帯にテレクラを利用する際のコツを紹介します。

遊ぶか遊ばないか?

夜中にツーショットダイヤルで遊ぶなら
第一に遊ぶかどうかを
自分自身の中で決めるべきです。
これを決定しないと、
あやふやな会話に始終して
結局何も得られないなんてことになりかねません。

夜中はTELエッチ目的の
可能性も高いので、
もし、あなたが出会いを求めているなら
テレフォンSEXをしたい女子に当たったら
即CBというノリが必要です。

夜更けは方針を決定したうえで、CALLすることを気をつけましょう。

足はあるのか?

深夜の場合、電車やバスは
使えません。
そんなわけで、車を準備しておく必要があります。

少なくとも、アポの場所に
到着することが必要ですが、
自転車などでは
会った後にドライブが出来ないので
必然的に待ち合わせスポットはラブホがあるような街に限られます

思い通りにデートを組み立てたければ、
1番は自転車です。
ドライブは遊ぶエクスキューズにもなるので、
借りてでも準備しておきましょう。

デリの誘いに警戒

深夜帯になると、デリバリーヘルスのお誘いコールが増えます
彼女達は、はじめからデリとは言いません。
しばらく話してから、正体を明かします。

悶々としていると、
デリヘルを呼んでもイイかな?
なんて思いますが、一歩引いて考えれば
そんな感じの手段で集客をする運営者に
ロクなデリはありません
何でそんな感じのことが断言できるのか?
体験者だからですww

なので、深夜帯のツーショットは
諸々注意しないといけないことがあります。
上に挙げたことを忘れずに、
テレクラ人生を謳歌してくださいヽ(・∀・)ノ

– 参考 –

サブコンテンツ

このページの先頭へ