話題の!復権したテレホンクラブ

諸説ある中で最も確度が高い情報として、
ツーショットのルーツは新宿だと言われています。
それまでコミュニケーションツールそのものが想像さえされなかったニホンでは、
この新しいコミュニケーションツールが一気に拡大をしていきました。

時代背景としては、所謂バブル全盛期の
80年代後半から平成の初期。
ハイテンションな雰囲気と騒がしいテレフォンクラブの宣伝の歌が
変にリンクしていたことを覚えています。

当初は、まだアナログな時代だったので、
客集めの中心は雑誌やティッシュ広告でした。
街角で手渡されたチラシに掲載されている番号を頼りに、出会いを求める女の子がツーショットダイヤルにTELをしていました。

もちろん、携帯もない世の中だったので、
リアル店舗型のツーショットしか存在していませんでした。
現在では想像できないくらい味わいのあるシーンでした。

アナログ時代を象徴する風景として、
「どうやって他のユーザーを先取りしてTELを取れるか?」
はじめの男性ユーザーのテーマは、この1点に集められていました。

それから、早取り制からフロントがまとめて受け付けて
コールを回す取り継ぎ制を経て、
いまの家でもでもCALLをキャッチできる
転送型へタイプをチェンジさせていきました。

ツーショットダイヤルの再ブレイク

時代は進み、皆が携帯を持つようになると、
コミュニティサイトが突然メインストリームとなりました。
出会い系が黄金期を迎えた頃には、
ツーショットダイアルは用無しのように見なされました。

しかし、出会い系関連の問題が噴出し、
出会い系=会えないという意識が世の中に広がると、
前からのユーザーはテレホンクラブへ帰る流れが出てきました。

いまはコミュニティサイトの良い部分を取り込みつつ、
確実に楽しめる、新たな出会いサービスとして、
ツーショットがまた熱い視線を浴び始めたのです。

– オススメ –

テレクラやツーショットは天気の影響を受けますか?の詳細

サブコンテンツ

このページの先頭へ