本当に使える!再ブレイクしたテレホンクラブ

諸説ある中で最も有力な情報として、
テレホンクラブの起源は東京だと言われています。
それまで出会いツールそのものが存在しなかったニホンでは、
この新しいサービスが一気に拡大をしていきました。

時代的には、いわゆるひとつのバブル経済全盛期の
80年代から90年代前半。
アゲアゲな雰囲気と騒がしいテレクラの宣伝コールが
変にマッチしていたことを記憶しています。

創世期は、アイフォンは言うまでもなく、
モバイルもなかった世の中なので、
普通の電話がずらりと店舗に整列する状態でした。

そこへ、ティッシュ広告などで関心を持った女性が
CALLをするという、現在では考えられないくらい昭和の空気が漂う場面でした。

スタート期は、コールを早くとった男性ユーザーが女子と楽しめる早取り制というシステムだったので、店舗ではアツい勝負が展開されていました。

調度良いライバルがいると、
女子との話よりも、
どちらが早くTELを取れるかのバトルになったものですww

その後、ツールは向上して、
公平なフロント取り継ぎ制を経て、
ドコでもCALLを受けられる転送型へタイプを変化させていきました。

携帯電話が広まると、
コミュニケーションサービスは一気にコミュニティサイトが中心になりました。

しかし、出会えない系が跋扈したため、
サクラなどが社会問題となり、
昔からの愛好家達はテレホンクラブへ鞍替えする流れになりました。

今は出会い系のイイ部分を取り込みつつ、
確実に女性と通話できる、新たなコミュニケーションツールとして、
ツーショットダイヤルがまた脚光を浴び始めたのです。

関連情報

テレクラ・タイガー
ヤレる◎ 他言禁止のテレクラで入れ喰い生活 (・´з`・)
サブコンテンツ

このページの先頭へ