ゆとりがあったかつてのツーショットダイアル

テレホンクラブは日経平均がグングン上昇して、
老いも若きもがイケイケな空気だった80年代中頃に作られました。

発祥に関しては、
多くの説がありますが、関東を中心として、
いっぺんに全国的にテレクラ熱を拡大していきました。

スタート期は、まだアナログな状況だったので、
会員の獲得の主流はアナウンス広告やティッシュ広告でした。
街頭で配布されたチラシに記載されているコールセンターを頼りに、男性と遊びたい女性がテレホンクラブにコールしていました。

言うまでもなく、携帯電話もない時代だったので、
店舗型のテレクラしかありませんでした。
今日では考えられないくらい味わいのあるシーンでした。

特に当時は、
コールを早い順で受けていったので、
半押し、半上げなど男性達は知恵を絞って、
よりスマートなCALLの取り方を思案したものでした。

それから、公平な取り次ぎ制を経て、
ドコでもでもTELを受けられる転送型へ仕組みを改善させていきました。

90年代後半

急速なIT革命が進み、WEBの時代になると
コミュニケーションツールは、出会いサイトが主流になります。

ここで一度ツーショットダイヤルはダメになりますが、
「出会えない系」と蔑称で呼ばれるほど、
出会い系は出会えない系が増えたため、人気が無くなっていきます。

そんな世の中で、間違いなく女性と話せて
便利になったテレクラがまた注目を集め始めました。

その証拠に、エロ本女性誌を開くと、
いまやテレクラの宣伝が8割方を占めていて、
出会いサイトは数えるほどしかありません。

その後、お客がお客を呼び、
テレホンクラブが復活を果たしいまに至ります。

関連情報

テレクラ・タイガー
末森虎男が安心して遊べるツーショット・テレクラをガイドします。サービスポイント付き電話番号の紹介はもちろん、遊び方、女性をGETするマル秘テクニックも公開します
サブコンテンツ

このページの先頭へ